採用管理に大切なこと

採用管理のポイントは内定者を入社させること

いい人材を採用するために新入社員の場合には早い段階で内定を出すケースが多いです。しかしそれから4月の入社までの間、内定者を確保し続けることは難しいです。何故なら4月までは就職活動は続いているために他の企業にも応募することができるためです。そのために採用管理が重要と言われています。

内定者を入社まで導く難しさ

どこの企業でもいい人材を採用するために就職活動が解禁とともに企業説明会を実施し、面接をおこないいい人材に内々定を出すなどして囲い込みをおこないます。しかしそのタイミングで就職活動を終える学生も少なく、内々定を多くの企業からもらいつつも、更に就職活動をおこなっている学生も多いです。そのようなことを背景に企業では採用予定数よりも多くの学生に内定を出して辞退者が出たとしても予定数の学生数を確保できるように手配しています。そして内定者に対して就職活動を終えるように言えないかわりに、企業側でいろいろなイベントを開催して内定者と常にコンタクトをとったり、研修をおこなって一緒に時間を過ごしたりして採用管理をおこなっている企業もあります。

採用業務と採用管理を並行しておこなう大変さ

そのイベント開催が企業に負担になることが多いです。新人研修等を専門に担当している社員は一般的な企業ではいないことの方が多く他の業務も担当している人が実施しています。また内定者の人数も多くなればメール対応だったり、イベントの連絡にも時間も手間も取られます。更にそのような間で辞退者が出た場合の対応等も必要になりますし、思った以上の辞退者が出た場合には再度採用活動をおこなわなければならない状況になることも想定しておく必要があります。そのような条件下でイベント開催も含めた採用管理をおこなうのが難しく、外部の採用支援会社に内定者を確保するためのイベント開催をはじめ、日常のやり取り等の実施を委託する会社もあります。

採用支援会社に委託すること

採用支援会社では内定者と頻繁にやり取りをして内定者の行動を確認したり、課題を出させたりします。特に内定者を集めておこなう集合研修等のイベントは学生に企業のことを知ってもらったり理解を深めるためには重要です。しかし自社でおこなようとするとそれだけでも時間が取られたりするために専門の支援会社に依頼することでスムーズにおこなうことができます。また内定者同士の人間関係を深めるためのようなゲームをしながら相互を理解するようなイベントは学生には人気です。このような採用管理業務は内定者を入社まで導くためには重要なのですが、その手間やかかる時間を考えると大変な業務になり他の業務をおこないながら片手間ではできないです。

"採用ホームページはPC、スマートフォン、フィーチャーフォン(ガラケー)の3デバイスに対応。非正規雇用領域の「採用改革」とも言うべき「リクオプ」は、今後もお客様の採用課題解決、事業成長への貢献をコミットしていきます。 応募者数増加、業務効率アップとコスト削減をしながら、採用率も向上。 採用管理やあらゆる課題を解決致します