採用管理は計画性が重要

計画性の高さが重要な採用管理

採用管理を行う上で重要になるのが計画です。企業として優秀な人材をどのようにして集めていくかについて具体的な計画を立てて実施するという方針を決めると効果的な人材採用を実施していくことができるようになります。

採用管理は長期的に実施

企業が成長を続けていくためには長期的な視野に立って事業を行っていく必要があります。事業展開をどのようにして行っていくかは一年といった短いスパンで考えることはあまりないでしょう。その事業計画に応じて採用計画を立てることが重要であり、採用管理を行う上での原点になります。いつどのような人材が必要になるのかを考えて、それに適した人材を確保することが必須だからです。社内教育のための期間を考えて早めに採用するといった考え方も持たなければならないでしょう。採用管理を行う上では計画が不可欠であり、まずは事業全体から考えて、その進む道に合わせた採用計画を立てることから始めると長期的に企業を成長させられるようになります。

長期計画から中期目標へ

長期的な事業計画に基いて考えられた採用計画はあくまで採用管理の大枠を決定するだけのものであり、実際に実施する人材採用に適用できるような具体性はありません。その長期計画に基いて数年間の中期目標を定めるのが次の段階として重要です。基本的には年に一度か二度の人材採用を行うことになるでしょう。それらを個々に考えて具体的な実施方法を考えることもできます。しかし、事業の進行の兼ね合いから今回は採用せずに次回に回した方が良いということも十分にあり得るものです。予定していたような人材が獲得できない場合もあるでしょう。中期的にどのような人材を揃えるのかと考えておくことで、確実性高く必要なときまでに必要な人材を揃えられるようになるのです。

中期目標から具体的な実施方法へ

中期目標まで定めることができたら採用管理は具体的な人材採用の実施に移行できます。採用を行う際には事業の進捗状況や人材の退職状況、予算の有無などを考慮して決定する必要がありますが、そのときに念頭に置くのは中期目標です。この段階で採用すべき人材を選び出し、それに合わせて採用基準や選考方法を定めるという流れになります。これを毎回繰り返し、中期目標を定めた期日になったら結果を一度議論して新たに中期目標を決めて採用管理を続けていくのが基本です。このようにして長期計画に向かう方針を揺るがせずに着実い人材を獲得していけるようになります。採用管理の基本は長期的な視野で計画を立て、少しずつ短期化していくことなのです。